128掛ける32

128掛ける32

なんかいろいろ書いてます

アナルビーズ開封記

〜これまでのあらすじ〜

TwitterでRT数上位3名にアナルビーズがプレゼントと言う企画に応募して当選した

 

Wikipediaのアナルセックスのページを見たらアナルにちんこ入れてる様子を撮影した写真が載っているんですが、ちんこ入れられてる人は自分の一番晒されたくないであろう様をWikipediaに載せられていることに関してどう思っているのでしょうか。萩薬師です。

今回は例のアナルビーズが届いたので軽く紹介しようと思います。

f:id:hg894:20201118212206j:plain

アナルビーズはこれくらいのサイズの段ボール紙に包まれた状態で届きました。伝票に個人情報が書かれているため伝票のある表面の写真はありませんが、伝票に内容物に関する記載はなくご依頼主もAmazonになっているので万一梱包を見られてもアナルビーズが入っているとはわからない安心仕様でした。

それでは早速中を見ていきましょう!

f:id:hg894:20201118212221j:plain

中を見て初めて分かったのですが、この段ボールは最近ではあまり見かけないタイプのものでした。そもそも段ボールは平らな紙(ライナー)と波状の紙(メディアム)が接着剤で貼合されて1つの構造体となっているものの呼称であり、現在だとメディアムの両側にライナーが貼られている両面段ボールが主流ですが、この段ボールはメディアムの片側にのみライナーが貼られている片面ダンボーでした。片面段ボールは両面段ボールに比べて強度が劣るため現在ではあまり使われているのを見かけませんが、この場合は段ボール箱ではなく封筒型の梱包だったため両面段ボールより折り曲げやすく、通常の封筒より強度のある片面段ボールが使われたのでしょうか。

…と言った冗談はこれくらいにしておいて、内容物を見ていきます。

f:id:hg894:20201118212048j:plain

中にはこのような袋がありました。ちなみにこの袋にはふりかけの袋のようなジップロックのついてる商品だとよくある開封用の切れ込みが両端にありますが、そもそも上側は止められていないので態々切れ込みから上部を切り取らなくても普通に開けられます。

f:id:hg894:20201118211603j:plain

そして袋の中身はこのようになっていました。このアナルバイブ、実はピンクとブラックの2色あり購入時にどちらの色か選択することが出来たのですが、それに気づかずデフォルトのピンクで購入しちゃってました。まぁ色がなんだろうと性能は同じなのでいいでしょう。ところで左下にあるこの「投稿募集中」と書かれているカードは何なのでしょうか…?

f:id:hg894:20201118211619j:plain

この商品で動画を作ってツイートして30日以内に20000再生を超えたらさらに無料で商品を貰えるらしいです。ただそもそもこれ自体無料で貰っているので流石にこれ以上乞食する訳にはいかないですね。

続いてその上にある冊子みたいなの。これは商品カタログ的なやつでした。カタログで思い出したんですが、昔近所のおもちゃ屋さんに行ってよくトミカプラレールのカタログ貰って読んでたんですよね。ハイパーガーディアンやプラレールアドバンスなんかの新商品に心躍らせてたのが懐かしいです。今でもあのカタログって作られてるんですかね?などと昔の思い出に浸りながらカタログを読んでみました。

f:id:hg894:20201118211634j:plain

f:id:hg894:20201118211649j:plain

これはアナル向け商品の上位4位の商品です。

f:id:hg894:20201118211706j:plain

f:id:hg894:20201118211726j:plain

その他にも鉄拳アナルプラグ、金角アナルプラグ、コブラアナルプラグ、触手型アナルプラグなど色々なアナルプラグが載っています。と言うか鉄拳アナルプラグって何?前立腺パンチ用?

f:id:hg894:20201118211815j:plain

f:id:hg894:20201118211828j:plain

何も商品はアナル向けのものだけではなく、尿道用の物も沢山あるらしいです。尿道にこんなもん入るんですかね…。

f:id:hg894:20201118211913j:plain

f:id:hg894:20201118211945j:plain

その他にも包茎リングやペニスリング、セックス枕、セックスシーツなど様々な商品があるようです。めちゃくちゃラインナップ豊富ですね。

それではいよいよアナルビーズの方を見ていきましょう。

f:id:hg894:20201118212006j:plain

構造としてはビーズ部と可動部に分かれていて、ビーズ部の下の穴に可動部を入れて使う感じだと思います。可動部は単4式電池で動きます。僕の家には単4電池が大量にあるのでボタン式電池じゃなくて単4なのがありがたいです。可動部に電池を入れ、蓋を閉めてボタンを押すことで可動するのですが、この際しっかりと蓋を閉めておかないとボタンを押しても動かないことがありますので気をつけましょう。ビーズ部は割と柔軟でU字に折り曲げることも出来ます。

f:id:hg894:20201118212029j:plain

ビーズ部に可動部を挿入するとこんな感じです。あんまり深くまで可動部を入れると取り出しにくくなるので画像のように可動部の黒い線よりちょっと手前のところまでで止めておいた方がいいと思います。恐らくこれは実際に使用した際にあんまり深くまでバイブを挿入すると抜けなくなるぞと言うメッセージを密かに伝えているのでしょう。

と言うわけであらかた中身の紹介はし終わったので今回はこの辺で締めたいと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました。この記事を読んで興味を持った方は是非購入してみてはいかがでしょうか。以下に各ページへのリンクを貼っておきますのでどうぞ。

TaRiss`s公式Twitterhttps://twitter.com/tariss_s

YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UC1Jccu56KuF_f9eJiqNcZNQ/videos

Amazon(商品リスト)→https://www.amazon.co.jp/l/6024440051

Amazon(今回紹介した商品)→Amazon | MinYn アナルビーズ 

 

Q.実際に使用した感想などはないんですか?

A.先日届いたばかりのためまだ使用していません。と言うか僕の語彙力でここで使用感を語っても伝わらないと思います。

 

追記:使用感についてですが、出す時の感覚が完全にウ〇コ出してる時の感じでした。ちゃんと開発すればよくなると思うので気になってる人は長期的な目で見ていった方がいいと思います。